月のリーディング 星のジャーナリング

月の満ち欠け(フェーズ)にあわせ新月期・上弦期・満月期・下弦期に分け、アストロロジー(占星学)と月に関係するオラクルカード(ホロスコープ・スプレッド)を使い宇宙のエネルギーをリーディング。言葉とイメージによる魂と意識の解放の道を探る。

2020/4/8 天秤座満月のホロスコープ

 

 

 水星は4月4日に海王星を越えて、魚座を運行しています。今はできるだけ自分の好きな音楽のそばで生活してください。

 


Ella Fitzgerald: Cheek to Cheek (Berlin, 1935)

 


Ella Fitzgerald - Cheek To Cheek

 


Julie London - Fly Me To The Moon

 


Julie London - Fly Me To The Moon (1964)

 

f:id:minaminosimano:20200326132715j:plain

200408 Event Chart

 

 2020年4月8日11時34分、月は天秤座18°43分で満月になります。新年度を迎えて最初の満月は、今年2回目のスーパームーンです。

 月が下弦となる日の前日4月14日までは満月のフェーズ(Phase)になります。また、次の新月までの約2週間は、今回の満月の影響が残ります。

 満月軸の月のサビアンシンボルは天秤座19°隠れている泥棒の一味。

 Zoom飲みのようなオンライン飲み会、巣籠もり消費や、引きこもって行うオタクな価値観などが脚光をあびます。

 訪問盗への注意喚起も増えるはずです。

 このフェーズは他者との社会的距離、ソーシャルディスタンスに特に注意しながら過ごしてください。

 土星と火星はすでに水瓶座にイングレス(星座移動)し、エイプリルフールにコンジャンクト(合)した後で、火星は先を進んでいます。

 日本ではNTTドコモKDDIソフトバンクの各携帯電話会社大手が、5G通信のサービス提供を開始しました。

 先の牡羊座新月サビアンシンボルは「羽のある三角」、アンテナのシンボルです。このシンボルは、5G通信のアンテナを現していたと考えます。

 開始されたばかりの5G通信が、水瓶座土星が現すオンライン・ネットワークの社会システムを引っ張っていくことになります。

 満月図のアセンダント(地平線)は先の春分と同じ蟹座にあります。

 蟹座の支配星である月は、マンディーン(社会情勢)では大衆ですが、ナチュラルハウスである4ハウス天秤座にあり、その元型(アーキタイプ)の意味をより強調しています。

 今回の満月でもっとも注意しなければならない配置は、この天秤座の月が、現在のCOVID-19のパンデミックを現している魚座の水星&海王星の合と150°クインカンクスアスペクトを作っていることです。

 150°クインカンクスは不調和と不均衡、乗り越えることが難しいジレンマを表します。

 この星回りは、疫病の感染拡大に影響を受ける大衆心理を現しています。

 4ハウス天秤座は身の回りのパートナーシップや人間関係。

 天秤座のナチュラルハウスである7ハウスにある水瓶座5°火星と、水瓶座の支配星である牡牛座5°の天王星は、90°スクエアの緊張角度。

 しかも火星と天王星が各5度でオーブ0°のスクエアになるのは、満月のわずか8時間前です。

 満月はつねに、人間の感情と本能のエネルギーをピークに導きます。

 今回の満月は、今年2回目のスーパームーンです。先の乙女座満月で、仕事の不安や健康不安という感情の揺れを経験したひとは、家族のなかでのパートナーシップや人間関係を通じた感情の揺さぶりを、再び経験するかもしれません。

 集合無意識に操作されないためにも、満月のリリース力を利用して、不安のリリース(解放)に取り組む必要があります。

 今回の天秤座満月を機に、大衆の身近な人間関係に、COVID-19の影響が現れてきます。大衆の心理に混乱と不安感をもたらす満月になります。

 ただし、疫病の感染拡大を表す魚座の水星&海王星は外国を示す9ハウスにあるので、海外におけるパンデミックが大衆心理に恐怖をもたらす影響のほうが強いと考えます。

 牡羊座新月から引き続き合となっているキロンとリリスも9ハウスにいます。先の蟹座の上弦の月で、キリスト教占星術におけるこの小惑星と感受点について紹介しましたが、かなり高度な学びの機会が与えられています。

 これから私たちは、山羊座ステリウムが与える黙示録のような世界を目撃することになります。

 すでに海外への渡航制限勧告が出され、国は幕末以来の鎖国状態にありますが、この星回りがせめて現在の「鎖国状態」を現すものとして過ぎることを祈ります。

 先の牡羊座新月で、私たちはCOVID-19に打ち勝つことを新月の願い事としました。満月は、あくまで先の新月の影響下にあります。

 自分が新月に誓ったマニフェステーションの力を信じることが大切です。

 政府は10ハウス太陽でMC(天頂)牡羊座にあり、まずは国民の生命を守ることを至上命題としています。

 満月軸の太陽側のサビアンシンボルは牡羊座19°東洋的な魔法の絨毯。

 危機に瀕している西洋文明を、東洋、アジア的な思想や価値観によって救おうとする動きが感じられます。

 牡牛座にいる天王星は、私たちに東洋&アジア的な思想や価値の再評価を促します。

 もしくは、中国人が野性動物を食べることを、徹底的に禁止するよう世界が求めることになるかもしれません。

 中国政府は、この満月の4月8日に震源地の武漢の封鎖を解除すると発表しています。

 世界全体でチャイナ・リスクの再認識を共有することになるはずです。

 春分図も今回の満月図も、アセンダントは蟹座、国民です。

 先の春分の時点で、私たち日本国民にはこの国の運命、すなわち一致団結して、東京湾から上陸してくるゴジラを迎え撃つ用意と覚悟ができています。

 阪神淡路震災を経験している関西は、今回の危機対応も早いと感じます。東京が心配です。

 私たち日本国民は焦土化した国土の戦後復興と大震災、絶え間のない災害を乗り越えてきました。

 良くも悪くも私たちは危機に馴れています。オリンピックは延期になりましたが、危機にある時に発揮される日本人の誇るべき美徳、すなわち辛抱強さと行動の慎重さを、いまいちど世界に示すことができます。

 愛とコミュニケーションの星、金星は双子座にイングレスしており、コミュニティと仲間意識の11ハウスにいます。住んでる地域、コミュニティと隣近所、仲間同士で支えあい、励ましあう星回りです。

 危機は人間関係を親密にさせ、団結させ、人との絆をより強固なものに変えます。

 今回の天秤座満月のテーマは、まさに令和の元号の意味である、人間関係の和そのものです。

 社会の高齢者をみなで守り、医療に従事している人々を最大限サポートしていく必要があります。

 次の牡牛座新月は、天王星と合になり、水瓶座土星との90°スクエアを作ります。

 10ハウス牡牛座の天王星水瓶座の火星&土星はすでに90°スクエアになっており、現在インターネットにはかなりの負荷がかかっています。

 youtubeがアクセス集中のため画質低下で運営しているニュースが流れていましたが、おそらくインターネットに負荷がかかりすぎて、次の新月あたりでオンラインのパンクが起こります。

 土星水瓶座にいるあいだは、つねにオンライン化とインターネットが土星によってその耐久性をテストされることになります。土星のテストを経たあとで、いよいよ本格的なスマートシティが到来します。

 その意味でも、今回の満月に訪れるであろう危機を私たち大衆が乗り越えることはとても大切です。

 4日にコンジャンクトしたばかりの山羊座木星冥王星の合は、健康をあらわす6ハウスに、女神、パラス・アテナと一緒に居ます。

 満月軸とTスクエアになるので、このタイミングでCOVID-19との免疫戦争に挑むことになり、勝利するひともいるかもしれません。

 水瓶座火星&土星は、11ハウス双子座金星と120°トラインで結ばれています。

 COVID-19の症状に気がついたら、まずは専門家のアドバイスを真摯に受けとめ、実行してください。

 また女性陣は、自分がパラス・アテナである自覚を忘れないでください。

 危機を乗り越えていくのは、地域とコミュニティ、隣近所同士の助け合いです。地域で訪問盗に警戒し、仲間同士で支えあう時です。

 今回の満月のTスクエアは、年後半の10月14日頃に起こる火星と山羊座ステリウムの活動宮のTスクエアとほぼ同じアスペクトの配置になります(この時の天秤座太陽&牡羊座火星は21度です)。

 出生図の感受点が蟹座22度付近の人々も含めて、活動宮のスクエアに巻き込まれる予定の人々は、乗り越えるべきテストの内容をはっきり認識することができ、個人(パーソナル)レベルでの課題がスタートします。

 双子座を移動している金星は5月13日から双子座21°50で逆行を開始しますが、4月10日には順行時の留(ステーション)ポイント(双子座5°20)に至り、逆行前のシャドーフェーズに入ります。

 双子座は空気(風サイン)と肺に関係しています。双子座金星と水瓶座火星&土星の120°トラインには、COVID-19の肺炎治療や人工呼吸器について画期的な発見が期待できます。

 日本人らしい清潔さと衛生観念は、満月においても引き続き大切です。

 今年、3回ある山羊座木星/冥王星の合は、次に起こる時は、2033年に1回だけしかないようです。前回、起こった時は2008年のリーマンショックの引き金になった時でした。

人類は努力するよう促されています。山羊座木星/冥王星の合は、今年6月30日と11月13日に残り2回、残されています。

 海王星を通り越した魚座の水星が、この山羊座木星/冥王星と60°セクスタイルの吉角度で結ばれています。

 人類は高い精神性と進歩的な思考をもち、この困難を乗り越えていこうとしています。

 個人(パーソナルレベル)では、魚座の水星を恐怖ではなく、深い静寂と熟考、瞑想に利用することができます。静けさに身を置くことを意識することで、集合無意識に操られないよう注意することが可能です。

 先の牡羊座新月は、山羊座から牡牛座にかけての3ハウスに星が集中していました。

 この星回りは、自分の出生図のこれらの星座のハウス領域に閉じこもって、徹底的に取り組むよう促している星からのメッセージです。

 満月軸の月のサビアンシンボルは、天秤座19°「隠れている泥棒の一味」です。引きこもって自分基準のスタンダードを大切にし、自分なりの価値観でリトリートを行ってみてください。

 月は欠けていきます。冷静さを取り戻し、癒しとヒーリングに戻っていく時間です。いかなる危機も、やがては過ぎ去ります。

 次に月が下弦となるのは4月15日7時56分、山羊座25°36分で、木星&冥王星とコンジャンクトの下弦の月になります。

 下弦の月も激しいなー!(涙)