:ReVision

魂の設計図に進化と統合を

より高次の可能性🌝♐2°満月

 

 

 2024年5月23日(22:53)月はいて座2°55′太陽はふたご座2°55′で柔軟宮の満月になります。

 太陽は双子座に移動する直前の5月19日におうし座28°で木星と合しているため(木星は今回の満月が起こるいて座のルーラー:支配星です)来年6月10日まで続くふたご座木星時代の意図がすでに設定されています

 今回の満月はその意図を再確認する満月です。

 低次(下位)にはいつでも、より高次(上位)のパターンの出現を創り出す可能性が含まれている。

 新しい高次のパターンはそれを支える基盤、低次(低位/下位)の存在なくして出現することは不可能である。

 (※高次性とは包含する全体性が増加拡大していくこと)

 間もなく外合(6/5)する太陽/金星の個人天体が、新しい13年サイクルを開始したばかりの木星/天王星を通過したことによって、今はそれぞれが霊(スピリット)と五感的身体性/物質性(=おうし座)を調和させる具体的な方法論、新しい視座と視野をもっている。

 風サインのエネルギーは新しい交流(コミュニオン)を人間の生活形成場に持ち込んでくる。

 新しい創造的アイデアと新しい出会いの機会に、これまでと違うより高次のパターンを創り出すのは、おうし座側で形成された、個人の生存適合レベルの、より核心的な価値判断と価値システムである(ここに揺るぎがないこと)。

 ふたご座は柔軟宮でありホロスコープの最初に来る生存適合3星座(♈♉♊)のうち外部環境への適合/適応能力が最も高い。

 高い分だけ外部の集合(全体性)に自分の意識(マインド=水星)をブレンドしすぎると、他者とは違う個的自己たる自分を見失ってしまう。

 これまで固めて来た自分の基本的な価値観に定期的に戻っていける何かパターンを確立すること。形成すること。習慣化(おとめ座的水星)すること。

 3星座は個的自己の核心であり核心が弱いと個的自己が自分を高次/上位に積み上げていく力も当然弱くなる

 金星と木星が合するのは5月23日(霊の本質的な豊かさ)、ふたご座ルーラー水星が天王星(マインドの高次性)と合するのが5月31日

 いまはおうし座⇒ふたご座イングレスする木星が、冥王星60°海王星と外惑星小三角を形成していますが、やがて天王星がやってきて外惑星小三角を形成します。

 ふたご座/いて座軸は(伝達を含む)学び、(旅行を含む)移動、異文化理解の軸ですが、いて座のルーラー木星遊牧民的な新しい地平を見ようとすることで新しい視座を獲得させます。

 木星が導く高次性は、個的自己の可能性を限りなく追求する経験主義/体験主義的(火の星座)態度です。

 外国語を学ぶとき、その言語圏の恋人がいると習得が早まります。これは愛情が人間の学習を深めるからです。

 人間は幼児期に母親から「人間になる事」を学びます。

 その母親がどんな鬼母であっても、幼児は母親を愛しています。

 人間の学びの初めは、自分以外の誰か他者がいることを発見し、その他者を愛することで学び始めます。

 何かを学ぶということは、人生に対するひとつの愛情表現なのです



核心的ハートセンター🌓♌25°上弦

 

 

 2024年5月15日(20:48)月はしし座25°08′太陽はおうし座25°08′で(不動宮の)上弦の月になります

 

(不動宮おうし座=リソースの固着化=自己保存。セルフ・ケアの確立=自律と独立性が維持できる)

 

  去年8月13日の新金星(太陽/金星内合)がしし座20°、8月16日の新月がしし座23°

minaminosimano.hatenablog.com

 

minaminosimano.hatenablog.com

 

 今年の太陽金星外合(満金星)は来月6月5日ふたご座14°。いま♉25°太陽と♉19°金星はすでに合になりつつあります。

 今年のしし座12°新月は8月4日(20:13)に起こります

 ライオンズゲート:7/26-8/12(ピークが8/8)

 おうし座18°新月から1週間が過ぎ、太陽は13日に天王星を通過、金星は18日に天王星を通過、太陽が木星を通過するのは19日。

 木星がふたご座入りするのが5月26日なので19日の太陽/木星の合はこのあとの約1年間のふたご座木星時代の意図を設定するタイミングです。
 おうし座は五感的身体性であり、木星は半人半馬のケンタウロス族=霊性と肉体の調和の象徴です
 そして太陽はしし座ハート中心(センター)ハート中心の祈り(センタリング・プレイヤー)

 天王星みずがめ座は現配置でしし座の対向。エゴ・セントリック(自我中心性)のしし座目線に合理性/合理主義(左脳の高次性)、合理的判断の視座(パースペクティブ)を持ち込むことで、人間の前個的なエゴ・セントリックをワールド・セントリック(世界中心性)コスモス・セントリック(宇宙中心性)へと成長/発達させます。

 天王星が持つ合理主義は、右に倣えの慣習的な学習態度(個的自己の前期)から、人間が自分の内部にある真・善・美を個的自己たる自分の価値基準に据えていく価値判断の形成と発達に必要不可欠な視点/視座です。

 (みずがめ座サビアンシンボル後半は技術によるブレイクスルーが暗示され続け、あらゆる科学と技術は合理主義による真実性の客体化=オブジェクトトゥルーによってもたらされる)

 いまは火星がおひつじ座を移動し、金星がおうし座にある時間帯で個的自己の核の部分=生存適合(外部環境への適応)に意識が向かいがちな時間帯です

 人間存在は個的自己(かに座/しし座)が生存適合(おひつじ座/おうし座/ふたご座)を包含することで完成し(個的自己の確立)おとめ座は個的自己の能力(キャパシティ)を最大化する。

 個的自己の中心は自分という存在のハートにあります。

 人間は他の人間存在とともに社会を形成する社会的な動物ですが、他の霊長類と違うのは単にマインドが圧倒的に発達しているだけでなくハート(=感情や他者への配慮とケアする能力)を持って他者と交流することができることです。

 (ハートの発達の視点からみると人間はボノボオラウータンより劣っているかもしらん。

...人間はボノボを保護するがボノボは人間を保護しない。ボノボを保護できる人間のほうが存在としてより高次の存在であることに間違いはない。しかしボノボは人間のように大規模な環境破壊をしない。存在が高次だからといって善や善性を体現できるとは限らない)

 火星と金星の組み合わせは自己保存する力であり、生存適合は人間存在の核であることに間違いはないが、人間存在の核心ハート中心が生存適合を包含していることであると私は思う。

 そして天王星の合理主義はそのハート中心を核心として包含し、集合の中で個的自己の全体性を増大/拡大させていく。

 

 

真のフルネス[充満/十全さ]🌚♉18°新月

 

 

  2024年5月8日(20:48)太陽と月はおうし座18°で新月になります

 西洋占星術アストロロジー)のおうし座は伝統的に五感的身体性と自己を維持するための物質性(リソース/バリュー、金融経済を含めた)そして地球と地母神ガイアの象徴、また雄牛は古代より東西の諸文化における豊かさの象徴のひとつです。



 木星/天王星(13年サイクル)がおうし座21°で会合したのは先月4月21日です

 木星天王星から離れつつあり月末5月26日(08:27)ふたご座に移動(=学ぶ&移動)します。

 移動すると木星みずがめ座冥王星と風サイン同士の120°トライン

 太陽が天王星を通過するのが5月13日(♉23°)木星を通過するのが19日(♉28°)

minaminosimano.hatenablog.com

 自我を第1・2チャクラ(レッド/アンバー/オレンジ)的なものばかりに固着させるのは良くない。

 

 進化とは全てのシステムが内包する自己超越する力であり、低次はあらゆる存在が高次に進化しようとしていく時の土台であり核心(コア)である。

 低次はいつも高次の土台であり核心であり続ける。だから低次を無視したり排除したり無意識下に抑圧したりすべきでない。

 世の中の善だけがスピリットの顕現でない。スピリットは善と悪と両方の基盤である。

 だから低次が悪として出現した時、低次が無視されたままであったり無意識下に抑圧されたままであると出現した悪に対する根源的な解決策を見出すことができなくなる。

 物質性や五感的身体は、人間存在が身体➡心➡魂➡霊の順番に発達していく時の土台、最初に統合されるべき重大な基盤であり誰もが重要視するのは当然です。

 しかし基盤は基盤であって本来的に高次に上昇/超越しようとする霊性の全てを低次/基盤レベルに溶解/還元すべきでない。

 (魂がスピリット側に向かって超越/上昇しようとするのは魂にとっての真実の救済が物質界や肉体性にあるのでなく天上/彼岸にあるから)

 人間の内面にある真善美の全てを外部の物質や五感的身体性に全て還元することはできない。それぞれはそれぞれのレベルでお互いに呼応(同等に生起)し合っている。

 スピリットはいつも、いかなる時も、さまざまなレベル(次元)で顕現(振る舞い)あっている。

 そして繰り返すが人間存在も含めてスピリットはホロン(高次⇆低次階層性)の形で顕現しているので、例え高次の存在が新たに出現しても、高次を支えているのは常に低次のホロンであり、低次は消えたり、溶解して無くなったりはしない。

 ホロスコープの最初の3星座は人間の生存適合が示されます。

 金星と火星がそれぞれ支配するおひつじ座/おうし座に戻り、かつ個人天体5天体がこの第一象限にある現在は個的自己の核心部分(生存適合)をより強固に固めていく時間帯です

  とくに火星&水星(機能/マインド)は個を外部環境へ生存適合させるため外部環境にGo&Doさせます。

 個人の生存適合を集合のレベルまで高度に洗練(=練度による高度化)させるのが木星/天王星の(外惑星の)社会的視座の介入/導入です。

 おうし座ルーラー金星は5月18日におうし座23°で天王星と合、この日火星はおひつじ座13°で北ノード(自我が進むべき方向性)と合。

 

 新月は新しい意図を設定するタイミングです。

 キリスト教は身体は精霊の宿る神殿だと考えます。

 誰もが自分の身体性の維持をつうじてスピリット(霊性)の様々なレベルの顕現と向き合っています。

 低次の欲望=人間の願望充足の欲望は個人が生き延びるのに欠かせない動因、エンジンであることは事実ですが、自分が接続している資本主義のシステム中で明らかに地球(ガイア)の生態系を破壊しているシステムがあることに気づけたなら、そこから意図して抜けだす現実を少しづつ作り出すことも人間には可能です。

 例えばフードマイレージ

 遠くから運ばれて来た環境に負荷がかかっている食品を意図的に避ける食生活など、ちょっとした工夫の積み重ね。できる限り身近で生産されているものを食べる。

 地産地消のシステムに自分自身の持続性を接続する。

 ちょうど1か月後の6月5日に金星はふたご座14°29分で外合(フルビーナス)

 ふたご座ルーラー水星は前日6月4日にふたご座2°1′で木星と合。この時期はふたご座ステリウムになります

 Edwin Landseer - Wild Cattle of Chillingham Northumberland 1867

 

  星ぼしの美ばかり耽溺し肉体のグロス的喜びだけにいつまでもいつまでも耽っている(対処すべき世界の真の苦痛や苦悩から目を背けている)ことにスピリットは悲しみ、大いに嘆いている。

 (とくにこのブログのブログ主のことを)

 (個人の自己統合の悩みよりもっと重大な危機的状況がいまの世界にはある)

合理主義は霊の慈悲🌗♒11°下弦

 

 

 


www.youtube.com

 

 

 2024年5月1日(20:27)月はみずがめ座11°34'太陽はおうし座11°34'で(不動宮の)下弦の月になります

 みずがめ座の元型(ルーラー天王星や11ハウスを含む)には地縁血縁(♑♋)と関係のない友情が示され、またみずがめ座元型はコミュニティ(共同体)の象徴でもあります。

 仏教用語で例えるならサンガ(僧団)です

この日は「夏も近づく八十八夜」です

5月8日のおうし座18°新月転換までラスト1週間です

 

 みずがめ座冥王星は5月3日(02:24)から逆行を開始します。

 逆行のピークとなる180°オポジットみずがめ座冥王星180°しし座0°太陽になるのは7月23日(14:37)です。

  (今年のライオンズゲート7/26~8/12、ピークが8/8)

 逆行冥王星がやぎ座に戻るのは9月2日、順行が10月11日(やぎ座29°)、11月20日みずがめ座への最終イングレス(星座移動)です

 冥王星は今後20年間みずがめ座に滞在するので今後20年間、太陽180°冥王星はしし座/みずがめ座間で起こります

 占星術の太陽/月は人間の自我であり太陽は意識/意図/創造性(子どもを含む)/ハート中心(センタリング・プレイヤー)。

 しし座を含む火の星座は右脳(直観、左手の道)そして体験主義/経験主義です。

 一方で対向みずがめ座は高次のマインド(左脳)=合理性/合理主義です。

 科学は合理主義であり近代化を成し遂げ人類を進化に導いてきたのがこの合理主義です

 人類に自由主義リベラリズム)を与えたのもまたこの合理性/合理的判断/合理主義です。

 奴隷を開放し、女性を開放し、民主主義、個人の平等と権利の保護を人類に与える市民革命を先導したのが人間社会への合理主義(天王星)の広く深い浸透です。

 これらの開放の事実をみれば合理主義はけしてスピリチュアルに反目する存在でなく、それがスピリット(霊性)の慈悲の一形態として出現していることが分かります。

 ホロスコープの元配置でしし座/みずがめ座が180度になっていることから分かるように、人間存在の発達にとってしし座の体験主義とハート中心(センター)みずがめ座の合理主義が包含していく過程はとても重要です。

 占星術のスパイラル・ダイナミクスのなかで後方星座は前方星座のサインの意味を包含/超越しながら意識/知性を発達させていきます。

 (二元性のバランスを回復リバランスさせるときも後方星座の高次性が両軸の統合軸を包含している。おとめ座/うお座で例えるとうお座霊性)のユニバーサル・ケアが統合軸である奉仕(サービス)の相互依存的秩序を超越/包含させようとする)

 みずがめ座の段階で合理主義を包含できていないと後方うお座に進んでいったとき超合理(合理性の超越)を理解できなくなります。

 合理性の意味を真に理解できないと超合理することの意味が理解ができなくなるのです

 ホロスコープという一つのホロン(ホラーキー)を最終包含しているのはスピリット(うお座霊性)です

 👆7月革命の絵

 

 うお座的アプローチがユング(集合無意識の低次/中次=集合の前個)と仏陀アートマン霊性=超個)的アプローチであるなら、さそり座/冥王星フロイト的アプローチです。

 スフィンクスの謎解きを説いたエディプス王(エディプス・コンプレックスの由来)の内面洞察力と内面識別力

 モロー『オイディプススフィンクス』(1864)

 

 金星は4月29日に支配するおうし座に入り火星は5月1日に支配するおひつじ座に入ります。

 今年は金星/火星の会合が2月22日にみずがめ座6°でありましたが、両者はパーソナル・リレーションシップ(関係性)に関係し、また人間関係を円滑に形成するため人間に必要な広義のセクシュアリティに関連します

 一方で冥王星セクシュアリティ他者との融合(深部の共有)です