月のリーディング 星のジャーナリング

月の満ち欠け(フェーズ)にあわせ新月期・上弦期・満月期・下弦期に分け、アストロロジー(占星学)と月に関係するオラクルカード(ホロスコープ・スプレッド)を使い宇宙のエネルギーをリーディング。言葉とイメージによる魂と意識の解放の道を探る。

魚座★蟹座上弦の月期 2020/4/1-4/7

 

 

魚座のテーマ : シアター、祈りの季節

 

 眠れない宵っ張りのひとのために、夜桜は今夜も一枚、一枚、花びらを地上に落としていきます。

桜のやわらかな春の夢を、あなたは今夜も抱いて寝ます。

魚座のひとの眠りには、いつも祈りがあります。

 眠りは、実はあたりまえのことではないことを、魚座のひとびとは生まれながらに知っています。

 眠りは大切な祈りの儀式です。

明日になれば、必ず朝がやってくる宇宙の法則を信じているので、今夜もあなたは眠ります。

 あなたは日が沈んだ夜の世界に幼い頃から親しみ、その世界を疑ったことがありません。朝が来ない夜など存在しないことを、はじめから知っています。

 たとえ寝ているあいだに、どんな天変地異が起ころうとも、自分の命を含んだ、それらのすべてを、世界を信じて、世界に託してあります。

 眠れる、ということは、あなたの祈りに対する世界の神託です。

 あらゆることが、順調にいっています、という世界からの答えです。

 最近、上手く眠ることができていないひとは、探さなければならない人生のテーマがあります。

 おそらくそれは、仕事や学ぶべきことなど、現実的、物質的な事柄です。

 映画が始まろうとする瞬間の、映画館の一瞬の闇からよみがえるような、記憶のスクリーンに目を凝らしてください。 

 思いがけず、素晴らしい名作映画にめぐり会える時のような、夢と現実が絶妙に合わさった、収穫の歓びを感じることができる時間になります。

 深夜の螺旋階段を、今夜も降り続けていきます。