月のリーディング 星のジャーナリング

月の満ち欠け(フェーズ)にあわせ新月期・上弦期・満月期・下弦期に分け、アストロロジー(占星学)と月に関係するオラクルカード(ホロスコープ・スプレッド)を使い宇宙のエネルギーをリーディング。言葉とイメージによる魂と意識の解放の道を探る。

牡牛座★射手座下弦の月期 2020/3/16-3/23

 

 

★牡牛座のテーマ: 木蓮の雪

 

 春爛漫に向かう季節の変わり目と同じように、あなたの日々もエネルギーの大きな切り替えを迎えるタイミングです。

 人生のおおきな曲がり角に来ています。

 これまで予期していなかった変化があるかもしれません。

 変化があまりに急なので、すこし不安や心配事で寝つけなかったりするかもしれませんが、もしそうだとしても、これらの悩み事はすぐに解消される暗示があります。

 悩み事にぶつかると、あなたはほんとうに真剣に悩みます。

 牡牛座のひとの悩み事のおおくが、愛と、自分の毎日にとって重大な事である場合がほとんどです。

 悩み事をほったらかして、とりあえず遊びにいくような悩みは、もともとあなたからみると悩み事とはいえません。

 木蓮の花が美しく咲く季節です。

 木蓮は5月頃まで、桜にくらべて比較的ながい見頃を咲いていてくれます。

 名残(なごり)雪の記憶を留めた、白い木蓮の花の色ように、真っ白な気持ちにいちど戻る必要があります。

 あなたの守護星である金星は、お金や愛情を司っていますが、ハプニングや革命を司る星の天王星と重なりあっています。

 ひとによっては、お金や愛情の事ですこし迷いがあるのかもしれません。

 けれども、あなたはすぐに状況を冷静に理解できるようになり、正しい判断ができるようになります。

 これは天王星が別のより高い視点から、あなたにとってのお金や愛情について考え直す機会をもってほしいとメッセージを送っているからです。

 前から何か悩み事を相談したいような信頼できるひとがいれば、そのひとに相談してみるのも良いと思います。的確なアドバイスがもらえると思います。

 今週からは、精神的にかなり安定するようになっていきます。

 この体験をもとに、あなたは大きく成長し、これまでのような心の不安定さを乗り越えていくことができます。

 何日か過ぎて、あとから振り返ってみると、あの時、何故あれだけ悩んでいたのかわからない、と感じることになるはずです。

 楽しい春の予定がどんどん、あなたのもとに入って来ます。

 春の花を抱いて、あなたを訪ねに行きたい人と、どこかに一緒に遊びに誘いたいと考えているひとがいるようです。

 たくさんで集まれない分、1対1や少人数では絆が深まります。この春は特に、人と人との強い絆、繋がりが深まっていくような春になるようです。