月のリーディング 星のジャーナリング

月の満ち欠け(フェーズ)にあわせ新月期・上弦期・満月期・下弦期に分け、アストロロジー(占星学)と月に関係するオラクルカード(ホロスコープ・スプレッド)を使い宇宙のエネルギーをリーディング。言葉とイメージによる魂と意識の解放の道を探る。

牡羊座★牡牛座上弦の月期 2020/2/2-2/8

 

 

牡羊座のテーマ : 誰も寝てはならぬ

 

地平から

あかあかと昇る

夜明けの太陽のような

あなたの才能や魅力が

春に先駆け

華やかに

開花しているところです。

あなたの情熱と

生き生きとした生命力が

今は目に見える結果を

引き寄せようとしています。

 寒さに萎縮しがちな今の時期だからこそ

あなたが生まれながらにもっている

活動力と生命力の強さを

世界は必要とし、あなたは

今の混迷の時代に必要不可欠な存在です。

 仕事で実践的な技術を手にしたり

社会的な業績を得る

牡羊座の人もいます。

 守護星の火星のエネルギーが

具体的なかたちに変化し、物質的な恩恵を

受けとる人も多くいると思います。

私は以前から

プッチーニ

オペラ『トゥーランドット』の

誰も寝てはならぬ」は

牡羊座がこの世界に

勝利する瞬間

を称える歌のように感じ

この曲を聴くだけで

牡羊座的エネルギーの

波動があがる感覚があります。

暁(あかつき)の空に

ながく孤独であった魂が

 

   夜よ 去れ!   星よ 消えろ!

 

   私は勝つ!

 

 ルチアーノ・パヴァロッティ絶唱

 宇宙の大合唱

 歓喜の夜明けが

月が上弦となる時

訪れると思います。

 心を覆う冬の闇と

魂の暗い夜を

終わらせる時間です。

 この時期、仕事やライフワークにおいて

徹夜で何かを必死に仕上げようと

している人もいます。

 あともう一息です。

 勘のいいあなたは、この後ますます

状況が忙しくなることにすでに気がついていて、先回りして早速、行動を起こしています。その勘は当たりです。

 あなたの守護星の火星は

同じ火の星座であり射手座にあり

人類に直感を与えるとされる

天の川銀河中心ポイント、

ギャラクティックセンターに近づきつつあります。

 

牡羊座のひとは

引き寄せ能力が

高まっている時です。

時間があれば好きな音楽を聴いて

体温(テンション)をあげると

波動も一緒にあがります。