月のリーディング 星のジャーナリング

月の満ち欠け(フェーズ)にあわせ新月期・上弦期・満月期・下弦期に分け、アストロロジー(占星学)と月に関係するオラクルカード(ホロスコープ・スプレッド)を使い宇宙のエネルギーをリーディング。言葉とイメージによる魂と意識の解放の道を探る。

2020年前半の牡牛座: 自由意思

◆牡牛座の前半のテーマ: 自分の意思

 

 牡牛座は自分の力を信じ、他者のためでなくあくまで自分の意思、自由意思で幸せを創造する半年です。

 1月11日、改革の星、天王星が牡牛座で順行に戻ります。

この星の影響を最も受けるのは、あなたの感情です。

「気持ち」が動き始める感じがあると思います。

 恋愛やパートナーとの相互理解について、

新しい関係の始まりの時になる人もいます。

 あなたの支配星である金星は、この時は友情と希望を現す水瓶座から、愛の夢を現す魚座のあいだを運行しています。

 1月の牡牛座は、理解力、自分と相手の双方を理解する力が高まります。

 自分にとっての愛や夢に対する価値観を理解できるようになることで、

他人の価値観も理解できるようになります。

 2月は強力な愛と豊かさを受けとる時間です。

 2月2日に月は牡牛座で上弦の月になります。

 あなたの人生に対する理解力は高まり、精神と社会性の両方で成長します。

 2月の牡牛座は人々と愛を与えあう存在です。

 愛情が最高に高まります。

 結婚する人もいるかもしれません。

 愛し愛され、愛するひととの時間を享受します。

 妊娠を望んでいる人は、子どもに恵まれます。

 3月5日には、あなたの支配である金星は牡牛座に星座移動し、天王星コンジャンクション(重なりあい)になります。

 急に目が覚めて、現実に向き合わされる人が多くいます。

 3月は冷静な判断が必要とされる場面がありそうです。

 生活のなかで、なにか緊張の走る場面があるかもしれません。

 外側があまりにせわしない時は、休息のために自分の世界に少し引きこもることも必要になります。

 4月は運命的な時間になります。

 4月19日に太陽は牡牛座に星座移動します。

 4月23日、牡牛座で新月になります。

 牡牛座の人にとっては、この新月は人生の変転と宿命の力が宿る新月になります。

 仕事に関しては、天王星の強力な影響を受け、未経験の仕事を始めたり、まったくの異業種に挑戦することになるかもしれません。

 支配星である金星は双子座にいますので、夢を叶えるためのコミュニケーションは活発な時です。

 この新月のあたりでは、

 パートナーや家族のためでなく、

あくまで自分がやりたいこと、自分が価値があると感じること、自分の価値観を基準にし、物事の取捨選択をしてください。

 4月28日には、水星も牡牛座に星座移動しますから、物事の流れの変化の早い時期になります。

 5月は4月の流れを受けて、情熱をもって新しい事を始める時になります。

 5月は人生の目的意識である太陽も、コミュニケーションを司る水星も天王星とともに牡牛座を運行しています。

 天王星の強力なエネルギーを利用して、何事にもまっすぐぶつかっていく姿勢が大切です。

 6月は、支配星である金星が25日まで双子座で逆行することの悪影響が少しあるようです。

 金星は双子座を逆行していますから、コミュニケーションは混乱しやすい状況になります。

 SNSや情報関連の扱いは、冷静で客観的な視点をもったほうがよいと思います。

イマジネーションは現実に縛られない豊かな時で、アートや未来の計画に対する想像力を自由自在に楽しむことができます。

 自由と改革を司る天王星は、この後も牡牛座を運行しています。

 豊かな想像力があなたの意思を自由に解き放つ時間です。